« 「エリザベスタウン」みた。 | トップページ | 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(ビデオ)みた。 »

2005/11/17

小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4)示される世界」(アークエンジェルサイド編)

「アスラン中心編」「ミネルバサイド編」に続き、やっと最終回、「アークエンジェルサイド編(+対決編)」 どうぞ!

○議長のロゴス暴露時、オーブ帰還を決めたキラ
「オーブに自分達の力が必要なときが迫っている―キラはただ、そう感じていた」

議長のもくろみはまだわからないけど、理屈でなく感じた・・となっている。なんで突然「オーブ?」と思わなくなかった放映時。さすがはキラ様だなぁ。

○アークエンジェルが隠されていた場所・・・”アカツキ島”
マルキオ導師の伝道所があった島。キラとアスラン(ストライクとイージス)が戦った島?(かも知れない)
密かに地下ドックが建設されていたとのこと。カガリ・・・? 実はラクス並みにすごいんじゃない?まさか知らないってコトないよね?・・・それはやっぱりラクスの助言からとか?知らされていないのはキラ・アスだけのような気がするけ・・・?(そのあたりは不明

○キサカ一佐(オーブ陸軍特殊空挺部隊所属)
やはり地球軍に混じって潜入捜査をしていたらしい。でもいつからだったのだろう?そしてそのこと自体をカガリが知らないというのは・・・うーん。誘拐の後からなのかな?

○キサカのアスラン救出は偶然。
確かにグフとそれを追うデスティニーとレジェントを見た瞬間にボートを出したキサカ。それは「逃げたスパイなら自分の目的からして助けておくにこしたことないと考えたことであり、その情報に興味があった」となっている。
「おまえに、なによりの土産だ」
アスランは土産か(笑)キサカさん、それはあんまりな・・(^^;)
で?ところでキサカさんの潜入での収穫は?偶然にもアスランを拾っちゃったから、おざなりになっちゃったのかな?

○ヒルダ・ヘルベルト・マーズ、ドム3人組。
ダコスタくんがつけられていた為、ザフトに発見され、発進を余儀なくされた”エターナル”を気遣うエピソードが追加。デブリに偽装されたクライン派のファクトリーは点在しているらしい。
「いずれも一癖あるパイロットたちは、この儚げな少女にだけは、篤い忠誠をちかったのだ」
この表現は間違っているよなぁ。”儚げ?“ SEEDの初期ならともかく、先の大戦の後ではどう考えたってラクスは”儚げ”ではないよね。

○バルトフェルドの新しい搭乗機 ”ガイア”
「VAP装甲の電圧変化で”バーミリオン(色)”に変わる」

ミネルバによっての回収後、輸送中に消えた機体。つまり“ステラのガイア”で間違いないということ。いつのまにかクライン派によって奪取され、ファクトリーに送られて補修・再調整されていたということになる。そして更に”獣型”好きなバルトフェルドによって自分の好みの色に電圧調整されたとのこと。

○ボロボロのストライク(ルージュ)
キラといえども、やはり旧型のMS。スペックはザクやグフのほうが上で(ファーストを考えるとありえないけどw)あんなに被弾しちゃったとのこと。

○ストライク・フリーダム
基本は旧フリーダムと同じ。追加の兵装(ドラグーンとかへそビームとかw)あり、またザフトのセカンドシリーズの技術も流用され、より一層パワーアップ。よってその制御はかなり困難で 並みの乗り手では扱いかえねるスペック になっているとのこと。
初めから”キラ仕様”で作られたのだと思うけどなぁ。“キラ以外には制御できないスペック”という表現でもいいような気がする。“ジャスティス”だってきっと最初から”アスラン仕様”に違いないし。だから、バルトフェルドもドム3人組も、ハナから使う気がないわけで。ほかに誰がいる?ダコスタくんじゃ絶対ムリだし(笑)

○ストライク・フリーダム(2)
「新たに得た力をキラはいつしか楽々と使いこなしている」

そりゃ”キラ”ですから。それでもはじめての”ドラグーン”だったからあの「当たれぇぇぇっ!」なんだね。

○ストライク・フリーダム(3)
「自分は無事に守りきることができた。ラクス・バルトフェルド・そのほかの仲間たちを。」
「第3者が今の自分を見れば、同じように感じるかもしれない・・・。鬼神が取り付いたかのように感じられた”インパルス”と」

「君は僕に似ている」・・・キラが”シン”に向けての言葉だとずっと思っていた。最終的には”アスラン”に向けての言葉という意味合いが強そうだけど、やっぱり半分は正解ということになるのかな? 
「宙域のおびただしい残骸をみて思うキラ。この破壊は自分ひとりでなしたもの。守れた喜びと裏腹の寒々しい感触。」
新しい力を得てもキラは永遠にキラだなぁ。

○ラクスからの新たなる剣、ストライク・フリーダム
キラとの再会を果たし“新たなる剣”を授けるラクス。キラを想う表情は
「また戦わせなければならない、キラは戦いを望まないのに皆を守るために・・・」
と解釈していたけれど、ちょっと違ったみたいだ。基本的には一緒だけど、あの表情は

「愛するものを戦場に送り出さねばならない多くの女性と同じ不安と悲しみ」
”指導者”として考えた前者に対して”ひとりの女性”としての後者。キラを失う可能性の安否?ずるいなぁ、ラクス!キラにだけは無条件で優しい。キラの前だけは”ただの女の子を装ってる?(笑)” そのすぐ後、アスランには”彼の思うままに” と平気で送り出すのにね。(・・・まあいいけどさ)

○アカツキを受領するカガリ
「ええ、おとうさま。私もやっと学び始めました。自分を信じ、愛してくれる人々が与えてくれる力を・・・私はみんなに支えられ、守られているということを。私はひとりではないということを。いまもなお、おとうさまの深い愛のなかにいるということを・・。」
「キサカ、アマギ、エリカ・・・自分を信じて見守ってくれる。ならば、自分は信頼に応えなければ」

あぁ・・カガリ。ここで決意しちゃったのだね。中途半端じゃいけないって。
そうなんだよなぁ。カガリがDESTINYでの一番の成長株であり、応援したいけど、けど・・痛いんだよね、私の心(泣)

○「ドックに残れ」とアスランに言われたメイリンの思い。
「よく、わからないんです、まだ!議長のやってることとか、私たちがやってることとか、ちゃんと・・いいことだと思ってたんです」
「でも、今はそうは思えなくって。レイが嘘ついて、私たちを簡単に殺させそうとしたり・・・・議長がその嘘を知っててそうさせようとした・・・?」
「ザフトと戦うのも恐いけど、こんな気持ちのまま置いていかれるのがもっと恐い」


ごもっともなご意見ですね、メイリン。私もそんな状態で置いていかれたら困ると思う。“アスメイ”そんな噂が巷に溢れ、“メイリン、ドックに残ってくれ!”心の中で思っていた私(汗)かわいそうだけど、どう頑張ってもアスランはカガリしか見てないし。もうわかっているよね?

○デスティニー×フリーダム 「これがビームなら、もう終わってるって」

その通り!キラが今まで絶対に狙わなかったコックピットを”実弾”で狙う。キラってば本当は墜とされてすごく悔しかった??本気出せばこんなもんだよって言いたかった??誰も彼も“負けず嫌い”だもんね。シンの直感は間違っていないね、きっと(笑)

○デスティニー×ジャスティス
「いつもより遥か超越した(種割れ)シンの知覚をも上回る、早業のジャスティス(種割れアスラン)」
「超えた・・と思ったのに・・!?」
「自分はすでに、アスランの技量を凌駕した高みに至ったはずだったのに・・・」
「負けた・・・これまでどんな敵にも触れさせなかったこの機体を、アスランはいともたやすく傷つけたのだ」

これは間違っているよ、シン。先に触れて傷をつけたのは”キラ”でしょ。一旦整備に戻って忘れちゃったのかなぁ(笑)

○シン→アスラン
「この人に認められたいと願った。超えたと思った。衝突し、罵りあい、憎んでいると信じた。けれど彼はいつも自分を思いやってくれていたことを知っていた。」
「いつもと同じように正面から自分に告げる・・・おまえは間違っている―と」
「いつも、いつも―アスランの言うことがわからない。彼に見えるものが自分には見えない。」
「不思議と屈辱も怒りも感じることができず、魂がぬけたように、相手を見つめていた。」
「アスラン・ザラに負けた・・その事実が自分の正しさまで打ち砕いたかのように感じた」

シンは、本当はアスランが好きなんだよね。憧れであり尊敬に値する人。素直じゃないからなぁ。かなり正確にアスランのこと理解している割に肝心なところがわからないのが痛い。最後まで完全に心を通わすことが出来ないわけだけど、その後、アスランとシンは再会してどうしただろう・・・。キラとは違う、「弟」のような存在になってくれているといいなぁ。(これは結果から考える、また別のお話・・ということになるけれど)

ということで4巻はここまで。駆け足になり始めた4巻。5巻はどれだけ本編を補足してくれるだろうか?展開がめちゃくちゃ速いと思えば、回想だしね。ミーアのところは一体・・・楽しみの5巻はきっと来年だね。DVD13巻よりは先だと思うから、ちょっと待ち遠しい。(予想は2月1日でどうだ!1月1日なら嬉しいけど)

追記:“ネオ”について
ウインダムをキラに落されて、AAに回収されて、マリューさん達と再会する部分は“ネオ”と表記。しかし、「キラ、行け」とアスランの代弁をしてくれているクダリのところは“ムウ”表記。そして解放されるあたりではまた“ネオ”に戻っている。
(一応)勘違いしていたアスランから視点かかれているのかな?“ムウ”と話している・・・ということなのかなぁ?ここだけそういうのもヘンだよねぇ。
内容というより、表記の問題なのだけど。結局、ネオ=ムウだけど、この時点では確定ではなかったし。バラツキはまずいんじゃない?

追記2:メイリンのタイピング
この後に”ジャスティス”の整備中、メイリンが”キラのキーボードタイピング”に目を丸くするシーンがある。
この記事を書くにあたって、4巻部分全部の録画を見直したのだけど、”アスラン脱走”の手助けで、コンピュータにアクセスして港に警報を鳴らすシーンで見せるメイリンの操作。
メイリン・・・・タイプ、おそっ!
キラに目を丸くするのもわかるなぁ・・・メイリンこそスペシャリストなのにねぇ(笑)
キラが異常に早いのは認めるけど・・・(6^^)
比べちゃまずいか・・・ごめんよ、メイリン!

追記3:アカツキ島
Mokoさんとのコメントのやり取りで、思った。
アカツキ島が”マルキオさま”の伝道所があった場所、というのは確定だから、もしコメント上で推測したとおりのことなら・・・全然不思議はない、と結論付けようかなと。
そもそも”マルキオ導師”は裏の世界(?)に通じている・・というか、”アストレイの世界”では(先の大戦時)では密かに”Nジャマーキャンセラー”を奪取しようと画策しているし、また重傷の”キラ”を”プラントのクライン”に簡単に運んじゃうことができるわけで、そんな秘密基地の基礎になる設備が整っていてもおかしくない。最初から”アスハ家の所有の島”というより、戦後に譲られた・・・のほうがもっと打倒のような気がしてきた。(どこかに設定とかないのかな?知っている方がいらしたら、是非アドバイスを。)

|

« 「エリザベスタウン」みた。 | トップページ | 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(ビデオ)みた。 »

コメント

久々にこちらを読んでます。ごめんね。
4巻の記事シリーズ全部読みました。
実はまだ買わないと決めたのに本屋で立ち読みしたの。
それもムウ・マリューのところだけをね。うるうるしましたよ。
記事を見て他のところも読みたいと思った。
で、来月には私も買いますから。5巻まで待ってられない。

投稿: 千羽鶴 | 2005/11/17 19:55

■千鶴さん、こんばんは♪
なんか嬉しいな、いらっしゃい!

4巻はムウ・マリュがいっぱい(しょっぱなからだし)ですね。・・の割りに全然書いてませんが(笑)
それはぁ、最後はラブラブで悔しいから、私のささやかな抵抗(笑)

>来月には私も買いますから
ん?来月??なんか忙しそうですものね。
ムウ・マリュ満載のレビュー楽しみにしています。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/11/17 20:17

 たいむさん、こんばんはー。瀬無です。

 キサカのお土産は、かなり茶目っ気たっぷりな表現ですよっ。
 エリカ・シモンズと2人でカガリを見守っているさまが目に浮かぶようです。

>メイリン
 たしかにアスランはカガリ(キラ)しか見てませんでしたねー。
 ただ、今までの描写からすると……それでもいいからアスランの側にいることを選択しそうな気がします。

 アスランの性格も考えると……カップリングとまではいかなくても、この後もしばらくは側に残っていそうな気がします。
 アスランの側を離れるときに、彼女はまたひとつ成長する……そう信じたいところです。(メイリン贔屓失礼しましたー)

>デスティニー
 主人公機しかも新型なのに、見せ場に恵まれないMSだったような気がします。
 フリーダム&ジャスティス相手にはイマイチだったせいでしょうか?

 「キラ=負けず嫌い」には爆笑(納得)です♪

 シン→アスランの気持ちは悲痛ですねー。アスランもシンを導くといった役割は果たせていた……といえる状態ではありませんでしたし。
 ザフトに復帰してからの、アスランの迷いのある姿ばかり見ていたシンには、アスランの力は衝撃だったでしょう。

 マユやステラのような子を生み出さない世界を目指すのに、シンが戦い以外の手段を見つけることができるようになっているのか?
 それによって、アスランとの関係も随分影響されてきそうです。

投稿: 瀬無 | 2005/11/17 23:12

■瀬無さん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

>キサカのお土産は、かなり茶目っ気たっぷりな表現ですよっ。
そうなんですけど、ちょっと気まずい時期だったしね。
リボンつけてお土産!って感じなら
「キサカさん、ナイス!」って言うのだけどなぁw

>アスランの側を離れるときに、彼女はまたひとつ成長する
そうだといいね。ルナへのコンプレックスとかを跳ね除けるくらいの”勇気のカケラ”はもう手に入れてると思うし。
でもアスラン、というよりラクスの側にいそうな気がするな。(同じことかもしれないけど)

シン(&デスティニー)は最終的には脇にまわってしまったからねぇ。
デストロイ5機との戦いが一番見せ場になっちゃったのかな?
種割れ同士で、機体の性能が同じくらいなら、やはりアスキラにシンはまだ勝てないでしょう。経験値から言っても、志や覚悟から言っても。(アスキラ贔屓w)
まさかあそこでシンが勝つわけにいかないしね。ダークサイドからの脱却があれば活躍の場はあったのかも・・・ん?「敵って誰だよ」?

アスランがシンを導き切れなかったのは、キラのせい?(笑)
>彼に見えるものが自分には見えない。
がとにかく痛い。途中までは伝わってると思うし、理解できてると思うのに、何でだろう?

アス×シンは”ローエングリンゲート”の時は「お!」って感じだったのに。懐かしすぎ・・・

シンも「怒りのもと」を考え、「何とどう闘うのか」解りかけてると思うし、アスランの言葉を心で聞けるようになればきっと二人はいい関係になっていくと・・・信じます。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/11/18 00:07

たいむさんこんばんわ

小説4巻購入したものの、まだぱらぱらとしか読んでないです、3巻から(汗)
しかも、たいむさんの記事読んで、結構満足していたりして。
4巻のシンが、結構私好みに書かれているようなので、感想書いたらまたもやシンが、出張ってきそうです(笑)

>アスランは土産か(笑)
喜ぶ土産と認識されているだけでも、良かったよ。

>この儚げな少女にだけは
皆騙されてますね(笑)議長以上に腹黒いと言われる所以ですね。
是非アスランに意見を聞いてみたいところです(多分ノーコメント)

投稿: すずしろ | 2005/11/18 22:09

こんばんは☆

>○シン→アスラン

少し感じたのは、シンが本当にアスランの
気持ちに気付くのはシンに後輩なり部下が
出来た時なのでは、ということ。

言ってることは分かるんだけど、反発して
しまうって若い時にはありがちじゃないですか
(^^;人の上に立って初めて気付くことも
多いと思いますし。

それにシンは身近な人を守りたい願望が
強くて、一方アスランはもっと広い視点で
戦争を捉えている。そこのズレもあるのかな、
なんて思います。

ここで例のゲームの件ですが、アスカガの
チームでプレイもしてみましたよw

投稿: ひー | 2005/11/18 22:45

■すずしろさん、こんばんは♪

3巻が痛いから?それとも別の理由?
(私は3巻は封印w)
>記事読んで、結構満足していたりして。
いいトコどりしましたからねぇw
実際、この4巻、マンマです。レビューで語り合った範疇を超えるようなことはほとんどありませんから。

>喜ぶ土産と認識
ですね。カガリにとって喜ぶべき土産・・キサカさん公認の仲♪

>是非アスランに意見を聞いてみたいところです(多分ノーコメント)
間違いなくノーコメントですね(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2005/11/18 23:37

■ひーさん、こんばんは♪
ここを書く前に・・・
>アスカガのチームでプレイもしてみましたよw
拝見しました!画像のアスランも見たいけど、とにかくいろいろな会話がぁ・・恐ろしくツボなんですけど!

>シンに後輩なり部下が出来た時
それはそうかも・・。
とにかくシンはまだ視野の狭い”ガキ”ですからね。
そう思うと、キラもアスランもカガリも(最強なのはラクスか)大人だなぁ・・って思いますね。
16歳であそこまで考えて動いたSEED。そして18歳で国を考えるSEED-D・・・ありえないよなぁ。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/11/18 23:48

こんばんは~

>アカツキ島 マルキオ導師の伝道所があった島。キラとアスラン(ストライクとイージス)が戦った島?(かも知れない)

アークエンジェルの秘密基地の場所が「アカツキ島」と判明したのは小説での収穫ですよね~。ところでここ、私もアスランがイージスで自爆した島と同じ所だと思うんですが、よく考えると、あの時の島はオーブの領海の外なんですよね。はて。オーブ領海の外の島だけどアスハ家が所有している島、ということかな?

投稿: Moko | 2005/11/18 23:58

こんばんは~。こっそり遊びに来ました(笑)。
なんだかこの記事を読んでいると、シン君が、どれだけアスランのことを好きだったのか、ものすごく伝わってきます。文字の力ってすごいですね。アニメで観ているときは、そこまでシン君の心情が伝わってこなかったのに。
シン君の一方的な片思いなのか~(←おい)。
それと、ラクスが儚げ…確かに、間違っていますね(笑)。儚げではないです。
ラクス嬢は、儚いというより、柔らかい、しなやか…かな? ちょっときれいにまとめすぎたか^^;。
5巻、早く出ると良いですね。
本編で抜けていたものがどれだけ補完されるのか、楽しみにしています。まあ、期待しすぎは厳禁でしょうけど。
ではでは(^_^)/~

投稿: 農家の嫁 | 2005/11/19 00:06

■Mokoさん、こんばんは♪

>「アカツキ島」と判明したのは小説での収穫
収穫でしたね!でも目がテンになりましたよ。「アカツキ?」って。
更に”アカツキ”も隠されてるわけだし(笑)

>オーブ領海の外の島
アスランがイージスで自爆した島・・ということなら、そうなりますよね。
ザフトがオーブを攻めたとき、”アカツキ”でカガリがオノゴロへ向かうのに、かなり時間がかかっている(ように見える)し、”所有の島”が打倒かもしれませんね(鋭いぞ!Mokoさん)

「星の・・」もこの島?
そうなると、”ユニウス7”落下で津波にあっちゃった島ってここ?
じゃあ、キラはずっと秘密基地の上に住んでいたということ??えええ?


投稿: たいむ(管理人) | 2005/11/19 00:10

■農家のお嫁さん、こんばんは♪

>こっそり遊びに来ました(笑)。
こっそりなんですか?(笑)

>なんだかこの記事を読んでいると、
これは(要約もしていますが)ほぼ小説の抜粋のいいトコ取り。”後藤リウ”さん、ほんと上手く捉えていると思います。

>シン君の一方的な片思いなのか~(←おい)。
イヤイヤ、そういう意味なら、すれ違いの両思いですね(笑)

>ラクス嬢は、儚いというより、柔らかい、しなやか…かな?
ラクスは「たおやか」でありながら「凛」としてるという感じかな?
腹黒・・といわれているけど(実際そうだけど)私は結構好きだったりします。

>期待しすぎは厳禁
すべてにおいて、まったくだ!(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2005/11/19 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/7133187

この記事へのトラックバック一覧です: 小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4)示される世界」(アークエンジェルサイド編) :

« 「エリザベスタウン」みた。 | トップページ | 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(ビデオ)みた。 »