« 小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(3)すれ違う視線」第1報。 | トップページ | まるマシリーズ最新刊「宝はマのつく土の中!」 »

2005/09/01

「THE・少女マンガ」~成田美名子

NHKBS2のご存知「BSマンガ夜話」の番外的「THE・少女マンガ」が8月29日(月)~31日(水) 放映されました。今回のラインナップは

8月29日(月) 「星のたてごと」 作 : 水野英子
8月30日(火) 「愛のアランフェス」 作 : 槇村さとる
8月31日(水)
「CIPHER(サイファ)」 作 : 成田美名子

残念ながら世代的に「水野英子」作品は知っている、という程度。
「槇村さとる」作品はこの「愛のアランフェス」は未読で、読んだものは「ダンシングジェネレーション」とその続編「NYバート」くらい。単行本も購入してない。(久々に読んでみたいものだけど)

私が中学生の頃に最もハマっていたものが「成田美名子」作品。
もっとも、多数のヒット作品はありながらTVアニメになているわけではなく、知名度もそこそこだろうからこの「THE・少女マンガ」で取り上げられてびっくりした次第。
今回取り上げられているのは「CIPHER(サイファ)」 もちろんこの作品も好きだけれど、私がハマって今でも単行本を持ち続けているのがその前作品「エイリアン通り」
この「エイリアン通り」は私のバイブル的存在になっている。
映画好きになったのも、SW好きになったのも、ある意味この作品の影響は大きい。

「THE・少女マンガ」は作者の生い立ちから作品自体までを語りつくす形式のもの。
成田美名子本人は、この「CIPHER(サイファ)」がある意味”転機の時期”になったと言っていた。
マンガは生きていく上で絶対に必要なものではないからこそ、それでも「読んでくれるひとのために役に立たなくちゃ」と思うようになったという。
「誰かの役に立ちたい」というスタンスは最初からあったように思う。けれどより一層そこに「メッセージを込める」という思いが加わったのがこの時期ということのようだ。

「CIPHER(サイファ)」以前から「エイリアン通り」でも「あいつ」でも、「みき&ユーティ」にしてもいつだって”メッセージ”は込められていたと思ってる。
しかし「CIPHER(サイファ)」には別の意味での”メッセージ”も込められていたようだ。
”読者の自殺”という、本来ならまったく無関係でありながら、無関係でいられなくなった気持ちが大きく影響したらしい。

「生きていれば何とかなる。いつか解決する時がある」そんなメッセージを込めた作品が「CIPHER(サイファ)」だという。

さて、私のお気に入りの「エイリアン通り」・・・作者曰く、”荒唐無稽なエンターティメント”らしいweiran
舞台はアメリカ西海岸はロス。それもビバリーヒルズだったりする。眉目秀麗で成績優秀(15歳で大学生)さらにスポーツ万能で非の打ちどころがまるでない主人公”シャール”オマケにアラブの王子様ときたもんだ(後に発覚)
大筋は一生懸命大人ぶってる”シャール”と、そのシャールを取り巻く個性溢れる面々との友情物語。確かにありえねぇ・・
そこにたくさんのメッセージが込められている。

「もし、成績がわるかったら?」「もし、容姿が悪かったら?」「もし、オヤジの息子でなかったら?」
ありのままの”シャール”を受け入れ、ただの”シャール”の存在を肯定する仲間達。
「王子でも乞食でも」「悪魔でも天使でも」
自身の出生を取り巻く事実を知ったときから、固い殻に閉ざされてしまった”シャールの心”を解放していく仲間達。自分を見つけるシャール。
それでもいつしか「アラブの王子様」その現実の立場が彼を苦しめることになる。
”オヤジの跡を継ぐならば、この仲間達と、この心地よい場所とは離れなくてはならない。”

ストーリーの明るさと暗さ(コメディタッチとシリアスのバランス)、登場人物それぞれの葛藤と成長、そして何よりテンポのいい展開。今読んでも面白いと思う。

物語終盤、政治的思惑から”テロリスト”に拉致されてしまうシャール。
無事生還した後でこんな場面がある。
新聞記事:《エルサルバドル、ゲリラ対策のため兵士を国内で訓練》
これをみたジェル(シャールの親友)が怒りながら嘆く。
「『力には力を』の政策が解決につながるとでも思っているのか!人間てなぁ、生来自由であるべきものなんだ。なのにその権利を奪うものがあまりにも多すぎる!内乱・弾圧・飢え!おれは人間が人間らしくないってのはでーっきらいなんだ!!」
それにシャールが答えて言う。
「そりゃ、結局本人の気の持ようだろ。たとえば祖国の独立解放を真実願ってそれに一生を費やした人ってさ、おれ、自由だなァって思うわけよ。」
そして「おっ、やったァ、やっと消えたぜ」と言い出す。
「なにが?」と問うジェル。
「あ、アレですか?拉致されていた間の・・・」と思い当たったように言うセレム(シャールの補佐役でもあり兄貴のような存在)
「うん、縛られていたあと」

とりあえずそれだけで後は描写も台詞もない。
当時はこの意味が良くわかっていなかった。けれど今まさに、この奥深いものに脱帽する思いが溢れる(こんなことが随所にある)
成田作品で語られていた色々な台詞が未だに脳裏によみがえることがある。それは自分でも”すごい”と思う。完璧な台詞ではないにしても心に響いたものはいつまでも残るんだなぁって。

それほど好きだった成田作品だけど高校進学あたりで卒業。最近はどのような作品を手がけているかも知らなかった。
未だに現役で活躍中のこと。
「役に立つもの」というスタンスは変わっていないらしい。

久しぶりに最近のの成田作品を探してみようかな??・・・そう思った。

追記:これで成田作品に興味を持った方がもしいたならばw・・・(初期の作品から入るなら)順番にもこだわってほしい。(文庫化されているし探すのは難しくないでしょう)
完全にリンクしているわけではないけれど、同じ登場人物が何らかの形で別の作品に登場しているケースがままあります。それを探すのも面白さのひとつです。
「エイリアン通り」にも実は”サイファ”が数カット登場してたりするんですよ。

追記2:「エイリアン通り」の劇中劇 『フィリシア』 のヒロイン”フィリシア”。
思いっ切り”ラクス”です。

|

« 小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(3)すれ違う視線」第1報。 | トップページ | まるマシリーズ最新刊「宝はマのつく土の中!」 »

コメント

自由とは与えられるものではなく、自由とは自ら掴み取ろうとするもの、いや掴み取ろうとする事自体が自由なのかもしれない…

短くまとめてみました(笑

投稿: らぼらぼ | 2005/09/02 11:19

こんにちは。
私も『エイリアン通り』にはハマリましたよ。これでアラブ好きになり、アラブ関係の本(ロレンス本含む)も読み捲り、ついに新婚旅行も中近東へ。ホントはシャールの国(地図上のあの辺り)にも寄りたかった(笑)。忘れかけてはいますが、小さな台詞にも心揺さぶられた印象が残ってます。黒髪のセレムが好きだった。
これ以降の作品には私も殆どふれてませんが、去年成田先生のサイン会が当たったのに行けなくてとても残念でした。
『サイファ』は昔TBSの某アニメ番組の間で流れたCMで、実はこっそりアニメ化されてたんですよね。今回のマンガ夜話ではそれには触れられなかったのが残念かも。

投稿: ayuto | 2005/09/02 11:29

■らぼらぼさん、いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

>短くまとめてみました(笑
おお!さずがにうまくまとまっていますね。

やっぱり、一口に”自由”と言ってもいろいろだということですね。
”幸せ”と似ているのかな?
”貧乏でも幸せ””ひとりでも幸せ””生きているだけで幸せ”基準があるようでないそんな感じ。

投稿: たいむ (管理人) | 2005/09/02 18:32

■ayutoさん♪
毎度ありがとうございます。

>これでアラブ好きになり、アラブ関係の本(ロレンス本含む)も読み捲り・・
わかる!コーランに興味持ったりしましたwwwでも中坊の私には難しくって挫折www
シャールの国も地図帳で一生懸命探しましたしww
それと私は(ぱくり)サブタイトルのもとの映画に興味を持ちました。また、ヒッチコック好きもここからww

>黒髪のセレムが好きだった。
セレム派とシャール派に分かれましたねw
(ジェルが不憫www)
大人びたコは決まってセレム派ww
私は・・・シャール派だわwww

>『サイファ』は昔TBSの某アニメ番組の間で流れたCMで、実はこっそりアニメ化
ああ!そういえばそうだ!!
おぼろげな記憶だけど、見たかも、それ!!
成田先生からみれば、アニメ化自体はどうでもいいことなのかな?

いやぁ、語れる方がいて嬉しいです!!

投稿: たいむ (管理人) | 2005/09/02 18:44

わぁ、私もコミックス(ぼろぼろの)持ってます。
シャールくん好きだったー!(←シャール派) でもジェルくんも好きだったし、バトラーさんも好きだった!
何回読んだかしれないせいもあるけど、ことあるごとに作品中のセリフが思い出される作品です。
「誰かがいなくて心配なときは、(元気を出すために)逆にその人がいたらできないことをやって盛り上がる」っていうのを実践してみたことも。
でもなぜか一番忘れられないのは、「父です。by Luke Skywalker」のシーンだったりして(笑)
P.S.ほんとだ、フィリシアはまんまラクスですね!

投稿: 実衣 | 2005/09/02 20:51

■実衣さん♪
うわぉ!!ここにも反応が!!なんかすっごい嬉しい!!
”ガンダムネタ中心”として、このブログを覘いて下さっている方(特にお若い世代)にはまったく意味不明でしょう?オマケに”別マ”でも”別コミ”でもなく、”LALA”ですしww

同じシャール派ですかww
で、今は同じくアスラン?www気があいますね♪
あのなかの登場人物で嫌いになれるキャラなんていませんね。サウドさんも最高だし!!

>わぁ、私もコミックス(ぼろぼろの)持ってます。
へへへ、私のコミックの1~3巻はちゃんとローマ数字です!!ずっとカバーしてたし、まったくの健在です(自慢)

>ことあるごとに作品中のセリフが思い出される作品です。
うんうん、そうですよね♪
「あいつ」の台詞で
『ひとりになれ、と言ったんじゃなくて、ひとりでヤレと言ったんだ』
っていうのもずっと心にあったりします。(本がないから多分正確な台詞じゃないけど)

>誰かがいなくて心配なときは・・・
おお、実行しましたか?(明太子パーティとか?ww)
ルシィもいろいろ登場してますよねw

>父です
ダースベーターだもんね、遺体が。ならルークで当然!あのサインは大爆笑。忘れられませんねww


>P.S.ほんとだ、フィリシアはまんまラクスですね!
これもわかってくれるって・・・そうそういないよなぁ。
マジ嬉しい!!
ヤマトネタで盛り上がれるくらいですから、近いんですね、いろいろと。


投稿: たいむ (管理人) | 2005/09/02 23:04

こんにちは。放映、みたかったなー。残念。そういうのある時、告知してくださいませ。
水野英子は、さんざん読んだのにあんまり覚えてなくて。松本れいじ(『銀河鉄道999』等の作者)と結婚したはず。槇村さとるもよく読んだ。でも、どちらも絵のタッチは覚えているのに、作品名すら記憶がおぼろ…。
自分が中学時代はまったのは「西谷祥子」「飛鳥幸子」そして「萩尾望都」。少年マンガでは「手塚治虫」「白土三平」「ちばてつや」(『あしたのジョー』では、よく似顔絵描いてた)。『エイリアン通り』ですか、読んでみようかな。

投稿: あかん隊 | 2005/09/06 14:17

すみません。自分で間違えたのに気が付いてしまったので。コメント欄を汚します。
松本れいじさんと結婚したのは、牧美也子だったか、と思い出しました。>ボケたのか…。ごめんなさい。

投稿: あかん隊 | 2005/09/06 20:02

■あかん隊さん♪
こんばんは!!まず・・

>牧美也子だったか
あははw
これから「え?そうーなんですか?」と何も知らずにコメントするところでしたww
確かこの方あの「悪女の聖書(バイブル)」でしたっけ?

>そういうのある時、告知してくださいませ。
いやーすみません!この次には必ずお知らせしますから!NHKBSは特に再放送をよくやっていますので、それも合わせてお知らせします!(それにしても守備範囲の広さには驚きですw)

>「西谷祥子」「飛鳥幸子」そして「萩尾望都」
西谷さんは・・ひょっとして「マリイ・ルウ」とか違いますか?姉が初めて買ったのがそれだったような気がします。
飛鳥さんは・・わかりません。
萩尾さんはあの「ポーの一族」ですねww

私が少年漫画を読み出したのは・・もう少し世代が新しくなっていて、それこそ「キャッツ・アイ」あたりから。あ、「Drスランプ」かな?
挙げられた漫画家さんの名前は知っていますが、手塚さんくらいですかね、読んだのは。

そういえば、その「ちばてつや」さん。今日の朝日新聞でコラム見ました。漫画家さん関係の記事でしたが・・・連載のようでしたね。

>『エイリアン通り』ですか、読んでみようかな。
是非!オススメします。
自然な台詞がきっと心に残ります。
さすがに1970年代ですから、環境は古臭いですけどね。
サブタイトルも1巻「真夜中のカーボーイ」2巻「アラビアより愛をこめて」といった感じでパロってます。8巻なんて「翼よあれがロスの灯だ」ですから(笑)
あかん隊さんなら何のパロかわかりますよねww

投稿: たいむ(管理人) | 2005/09/06 21:00

きゃー! そうです!>マリイ・ルウ
あと「レモンとサクランボ」とか。中に四角いホワイトが入った、大きな目の絵が好きでした。めっちゃ少女チック。
飛鳥幸子は『フレデリカの朝』なんか記憶に残ってます。時間があったら、ググってみてください。もう、絶版かなー。
白土三平は、「カムイ外伝」とか有名っす。
「キャッツ・アイ」は、アニメで彩色やったことあります。
再放送、ぜひ教えてください!
『エイリアン通り』のサブタイトル、しゃれてますねー。ネットで一挙にセット注文しちゃお(爆)。先日、『つるつるばらばら』(大島弓子)を注文したところです。『メゾン・ド・ヒミコ』(映画)のバックにある物語らしいんで…。本屋さんで「大島弓子で『ば』のつく本」なんていったんで、笑われました。だって、タイトル忘れてたんですよ。どうしようもないな>自分。

投稿: あかん隊 | 2005/09/06 21:37

■あかん隊さん♪
チャットになりそうなこの反応の速さww

>めっちゃ少女チック。
あはははは~~まったくだぁ。

>「カムイ外伝」
おお!そらならわかる!!でも未読ww

>「キャッツ・アイ」は、アニメで彩色やったことあります。
うひゃ~~、あかん隊さん、サインください!(関係ないってwww)

>ネットで一挙にセット注文しちゃお(爆)。
はや~~、でも後悔はないと思います!!

>大島弓子
「綿の国星」しかしらないなぁ・・・ちびねこ♪

>『メゾン・ド・ヒミコ』
なんだぁ?それ?と速攻、ぐぐってみるww
ええ~~!!新潟は10月22日だ・・・
まただ・・・悲しい・・・
「ば」のつく本同様(爆)感想期待してます。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/09/06 21:53

コメント欄、汚しついでに…。
『メゾン・ド・ヒミコ』お奨めデス。先日、観てレビューアップしてあります。とってもイイ映画でした。『運命じゃない人』(映画)は、ご覧になったんでしたっけ?
「カムイ外伝」。長いです。でも、おもしろいです。「ガンダム」は、あまり知らないので、そのうちゆっくり時間をかけてDVDでも観てみようと思ってます。死ぬまでには、観ることができるでしょう(爆)。

投稿: あかん隊 | 2005/09/06 22:52

■あかん隊さん♪
コメント見ながら、ぐぐりまくり!(笑)

あああ、もう!!
「運命じゃない人」こちらも10月29日からです。(TT)
でもタイトルだけでも惹かれますね。コレ。

「ヒミコ」はこれからそちらにうかがいます!!
そういえば・・?って引っかかったタイトルだったのは、あかん隊さんの所で・・のような気がしてきました。

ガンダムは・・・勧めるような勧めないような・・・(笑)
確かに大人が見るなら、「戦争」というものを深く考えるようになります。ものすごく考えさせられますし。
もし見るならファーストより今のSEEDシリーズがいいかもしれません。(時代背景的に)
まぁ(死ぬまでには)見て損はないような・・気がします(爆)

>コメント汚し・・
ぜんぜんかまいませんから!
今日はたくさんお話できて嬉しかったですw

投稿: たいむ(管理人) | 2005/09/06 23:14

こんにちは。『エイリアン通り』購入しました。これから読みます。絵のタッチが、気に入りました。『つるつるばらばら』は、読みました。(これも購入) 「つるかめつるかめ」と「くわばらくわばら」を混ぜた造語だったんデス(汗)。

投稿: あかん隊 | 2005/09/13 12:24

■あかん隊さん♪
ご報告ありがとうございます!!
できれば読破後の感想お願いします。

絵は1巻と最終巻では随分違っちゃってますけど、どんどん綺麗になりますよね。
私はこの頃の絵が一番好きです。
(カラーが特に綺麗でカレンダーを3年間続けて買いましたら、当時)

つるつる・・・これもどうですか?
映画はまだ先の話。
読んでおいたほうがいいなら貸してください!!(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2005/09/13 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/5744930

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE・少女マンガ」~成田美名子:

« 小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(3)すれ違う視線」第1報。 | トップページ | まるマシリーズ最新刊「宝はマのつく土の中!」 »