« あふれんばかりのIDとPW | トップページ | 劇場版「シティ・ハンター」 »

2005/08/03

「亡国のイージス」みた。

aegis 何度も何度も書いてきたけど、「ローレライ」「戦国自衛隊1549」そして最後がこの「亡国のイージス」 
福田晴敏の映画化3作品


《あらすじ》
東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、訓練中に船員が事故死する。ひと一人が死亡したにもかかわらず、演習を続けるという連絡に憤りを感じ、先任伍長の仙石は、艦長に面会に向かう。が、艦長も既に何ものかに殺害されていた。その犯人が如月一等海士であると副艦長の宮津に告げられ、さらに乗務員を艦から離艦させるように命じられる。宮津は、対日工作員・ヨンファと共謀していたのだ。特殊兵器「グソー」の照準を東京首都圏に合わせ日本政府と取引をするという。納得がいかない仙石は密かに艦に戻り、一人テロに立ち向かう。また陸では、防衛庁情報局の渥美たちが対策に乗り出していたが、議論は暗礁にのりあげる。日本政府は米軍の新型爆弾「ナルミット・プラス」で「いそかぜ」を空から消滅することを検討しはじめる。

てな感じかな?(以降、ネタにも触れるのでご注意を!)

前2作に比べると格段に面白かった。今回もまた原作は手をつけていない。
仙石に真田広之、宮津副艦長に寺尾聡、ヨンファに中井喜一、そして渥美に佐藤浩一。
キャストもなかなか好みだ。渋いし上手い。
総理大臣の原田芳雄を始め、政府のお偉方もお約束のような方々ばかりでなかなかよろし。

特殊兵器「グソー」・・化学兵器(ガスもの)らしい。
どこかで似たような・・・そうそう”ショーン・コネリー&ニコラス・ケイジ”の『ザ・ロック』だ。(だからか?ww)
アルカトラズを占拠したテログループが「化学兵器をばら撒くぞぉ~」とサンフランシスコ市民を人質に取るアレ。
さらにアルカトラズ内部を隅々まで知るショーン・コネリーがその知識を生かし、テロリストと対決。最後に戦闘機で爆破する作戦まで一緒だ(こっちはドガーンだけどw)
鑑賞中は漠然と思っていたけど、思い出せば思い出すほど似ているかも・・・

最初はアクション満点のダイ・ハードのようなものかと思っていた。
おお!久々に真田さんのアクションか!?
が、意外にそういう見せ場は少なくて残念。そこが日本人なのかw (ハリソン・フォードはまた”インディ”をやるというのに・・・)
仙石以下多数の不死身さはバリバリにあるけれど、ヨンファの死んだふり作戦はイマイチ”キレ”が悪かったような気がするw。

お約束の「守りたいものがあるんだぁ」ということはあまり感じられない。
唯一仙石の「この艦を守るのが俺の任務だ」これに限る。全体的には冷めたものだ。
ヨンファの言うとおり、これが今の「日本人」なのかも知れない(と思うとちょっと切ないが)

「撃たれる前に撃つ」 最後まで伏線となっていた。
”戦争”とはそういうものだという。
「撃つ前に考えるのが人間だ」
それでも結局どちらかが撃つから”戦争”になるのか?
(いくらそう言われたからって、速攻、ヨンファ相手に考えて撃たれたんじゃ、如月もよくわからん・・というか素直すぎww)

「平和とは戦争の合間に浮かぶもの」・・・岸部のセリフ。
”戦争”があるから”平和”もあるのか?(意外に重いことばかも・・)
この佐藤浩一と岸部一徳のシーンは妙に心に残ったシーンとなった。

全体的にはテンポもよく楽しめた。
仙石も「艦の知識」をいろいろ披露していたけれど、もっともっとあっても良かったと思う。
(奇襲作戦をしようとしていたわけじゃないかww)
「艦を守る」ために必死になっていたのに、結局は沈没でいいの?って最後に突っ込み。
人間関係も実は複雑なのに時間的にも描写が少ないのが残念。

これは”24”ばりにほぼ1日で起こり、その1日で決着がついたお話。
もし”24”のように制作できたら、スリルあり、人間模様ありのハラハラドキドキの凄く面白いドラマになるのになぁ、って思った。
結局、政府は「いそがせ」沈没をどのように世間に発表したのも気になったし。
2時間超の映画では難しいか。

総評:★★★★☆  オススメ度:★★★★☆

たまにはいいんじゃない?こういう邦画も。

|

« あふれんばかりのIDとPW | トップページ | 劇場版「シティ・ハンター」 »

コメント

先週末観に行こうと映画館まで行ったですよ。
でも、券売所のおねーちゃんが、ガムをくちゃくちゃ噛んでて、やけに投げやりっぽい態度だったんで気が抜けて止めました。
今週末は違う映画館を狙ってみたいと思います。

投稿: batasy | 2005/08/04 00:26

■batasyさん♪
>券売所のおねーちゃんが
映画館に関わらず、ありますね、こういうの。
「あーあ、せっかくのお客をお前のせいで失ったんだぞぉ」とか思ったりしてますけどww

まだ・・なら、ネタバレ読みました?
それとも原作読んでる派かな?

投稿: たいむ | 2005/08/04 00:36

TBとコメントをありがとうございました。
艦の詳細な情報や、それを活かす仙石伍長や、やけに素直になっちゃう如月や、ヨンファのゾンビ化がなぜあったか…なんて、理解できちゃう原作です。(爆) おもしろいです。お勧めー! 自分は、逆に「ザ・ロック」や「ダイ・ハード」を観てないので、これからゆっくりやります。

投稿: あかん隊 | 2005/08/04 04:57

■あかん隊さん♪
>理解できちゃう原作です
そうなんですかw
先に映像を見ちゃうと、イメージが固定しちゃうきらいがありますよね。
真田さんのアクションが少ないのは原作の”小太りな中年男の仙石”から、というコメントをどこかで見ました。このギャップは埋まりますか?

ただの解説書として読むのはどうかと思い直していたところですが、ガンダムでもノベライズはいい味出してますんで、やっぱりチャレンジしようかな?
上下2冊なら京極の一冊以下だしww

投稿: たいむ | 2005/08/04 20:12

原作は........積んでありますがまだ読んでません。
あ、マンガは読んでるわ(笑)

投稿: batasy | 2005/08/05 02:26

■batasyさん♪
せっかく持っているのに、読んでいないのですか?読みましょうよ。

>マンガは読んでるわ(笑)
電車男といい、最近、小説の漫画化多いですよね。

投稿: たいむ | 2005/08/05 23:51

コメント&トラックバックありがとうございます。
>2時間超の映画では難しいか
↑コレに尽きます。2時間にまとめるのではなく、2時間の物語として『仙石の物語」に徹した方がよかったように思ったのですが・・・。

投稿: まつさん | 2005/08/06 03:03

■まつさん♪
原作で細かく書かれているものの、映像化はどうしたって、何時間かけたって、すべての人間を納得させることは出来ないでしょうね。
それでも、未読の人間が、これだけ楽しめたということは、そこそこ成功かな?と思っています。
確かに全体のダイジェストではなく、一点に絞る手法もいいかもしれませんね。

投稿: たいむ | 2005/08/06 09:09

“戦国”がヒドすぎただけに、普通の作品もよくみえてしまう錯覚に陥りました。
監督・脚本を知ってから、映画館に行くか考えるべきだということを、福井3部作で痛感しました。

投稿: うぞきあ | 2005/08/06 10:09

TBとコメントありがとうございました。
3回も観ると、原作とは別物としてとらえ、違う新たな感慨がわいてきます。
ちなみに娘の印象は「ジパングとローレライを足して、戦国自衛隊を振りかけたような感じ」と話しており、当たらずしも遠からず^^;。
もう一つのイージス艦”みらい”の行方を見届けるためにも、かわぐちかいじ氏の『ジパング』もお勧めです。

投稿: ayuto | 2005/08/06 18:24

■うぞきあさん、いらっしゃいませ♪
戦国はお手上げでしたw
>福井3部作
微妙ですね。
それでも、亡国がラストでよかったのでは?

■ayutoさん、いらっしゃいませ♪
>原作と別物。
原作を読んでいないので、よくわかりませんが、姑獲鳥のときにそう思ったので、解るような気もしますww

>かわぐちかいじ氏の『ジパング』
オススメとなると気になりますね。
検索してみなくては!

投稿: たいむ | 2005/08/07 00:07

TBありがとうございました。

原作を知っていないと、なかなかわかりにくいですね。パンプで補完していますが。
2時間で収める内容ではないですね。

投稿: naomi-0604 | 2005/09/21 23:31

■naomi-0604さん、はじめまして♪
>原作を知っていないと、なかなかわかりにくいですね
わからないなりにも、なかなかよかったと私は思っていますが・・・・やっぱ原作ファンには納得がいかないようですね。

”ローレライ”もみましたが、こちらのほうが役者が揃っていて、見ごたえありました。

投稿: たいむ(管理人) | 2005/09/22 20:38

こんにちは!echo&コメ、ありがとうございました!
>人間関係も実は複雑なのに時間的にも描写が少ないのが残念。
ここですyo。とても残念。
皆さんのブログを読んでいると、かなり複雑なんですね。
それに、それぞれの人間性も、イマイチだったし。
ここが、残念でした。
迫力あったのになぁ、、、
またよろしくお願いしますね。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/01/14 14:53

■ 猫姫少佐現品限り さん、こんばんは♪

>迫力あったのになぁ、、、
ありましたね。(なので?)あまり良い評価していないわには、DVDの紹介を最近よく見かけてもう一度みてみたくなっていたりしてw(矛盾w)

投稿: たいむ(管理人) | 2006/01/14 16:40

たいむさん、こんにちは。TBは不発でした(最近多いんですよ
ねぇ)。

個人的には、観たことがあるようなシーンがけっこうあって、
それがいまひとつだった原因でもあります。『ザ・ロック』
『ダイハード』『クリムゾン・タイド』『機動警察パトレイバ
ー2 the Movie』などなど…。

やっぱり、原作読まないとだめ、とか、解説本読まないと分か
らない、というのは、映画単体としては、どうなのかなぁと。
2時間で収まらないなら、2時間で分かるストーリーに変更す
るか、さもなくば制作しない、にしてほしいものです。(辛口
ですいません)。

投稿: ラフマニノフ | 2007/06/18 16:43

■ラフさん、こんばんは♪
今更これに来るとは思ってもいませんでしたよ(^^;)
でも~、実はタイムリー!
今更なんだけど、ちょうど今、小説を読んでいるところです。(さらに「ザ・ロック」も見たばかりw)

この小説、カナリまわりくどくてシツコイです。それだけ設定が細かく説明&描写されているので、2時間に納まらないのは当たり前な気がしています。

「福井3部作」は今思っても失敗ですね。
それでも、亡国は一番マシ。それは、原作を読んでいなかったからこその評価だと思いますけど。


投稿: たいむ(管理人) | 2007/06/18 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/5298406

この記事へのトラックバック一覧です: 「亡国のイージス」みた。:

» 亡国のイージス [ネタバレ映画館]
 「あ、ハンカチ忘れた。貸して!」「いいですよ。どうせ涙なんて出ないから・・・」  普段、映画鑑賞する前には原作などは読まない主義だったのに、魔が差したのでしょうか、つい文庫本(以下、ページ数は講談社の文庫を参照)を買って読んでしまいました。よって、今回は原作との比較を含めるという初めての感想になります。 【ネタバレ全開】  元々福井晴敏の原作小説も、自衛隊賛美で国防力の優れた点を延々と記述。ア... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 00:08

» 「亡国のイージス」を観た [ネタバレ上等!]
一言で言うと、舞台背景の設定を濃くした「沈黙の戦艦」(スティーブン・セガール主演 [続きを読む]

受信: 2005/08/04 00:50

» 亡国のイージス [cococo]
なかなか良かったと思います。原作とは別なお話のようになっていると思いました。ちゃ [続きを読む]

受信: 2005/08/04 04:53

» 亡国のイージス [Akira's VOICE]
迫力の映像とドラマが面白く満喫したものの,説明不足な部分が多く不満も残る。 [続きを読む]

受信: 2005/08/04 10:44

» 『亡国のイージス』を観て来ました! [★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio...]
2005年8月2日 亡国のイージス その時、あなたは何を守りますか 2005年/日本/カラー/127分 配給:日本ヘラルド映画、松竹 #12 (2005.7月から起算) ★スタッフ★ 監督:阪本順治 原作:福井晴敏「亡国のイージス」 プロデューサー:小滝祥一郎 製作:「亡国のイージス」associates 日本ヘラルド映画、松竹、電通、ディステニー バンダイビジュアル、ジェネオン エンタテインメント IMAGICA、TOK... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 14:55

» 亡国のイージス [うぞきあ の場]
昨日、初日に観て参りました。 福井作品の3作目ですが、 正直、“戦国自衛隊1549”がオワっていたわけだが、 まぁ、監督も違うことだし、“戦国〜”が最悪なのだから、これ以上は 悪くならんだろう等という気持ちで観た。 見所。 ・ なんといっても、本物を使用したところ。   海自・空自の前面協力は画期的!   映画用にF-2が飛んでくれるなんて・・・・・(ムフ)。 ・ 相良町のオ�... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 20:38

» 『亡国のイージス』 [京の昼寝〜♪]
人質は首都、東京。タイムリミットは10時間。 ■監督・脚本 阪本順治■脚本 長谷川康夫■原作 福井晴敏 「亡国のイージス」■キャスト 真田広之、中井貴一、佐藤浩市、寺尾 聰、勝地 涼、原田芳雄、岸部一徳、吉田栄作、谷原章介、安藤政信、チェ・ミンソ、原田美枝子 □オフィシャルHP  http://aegis.goo.ne.jp/ 原作が110万部を超えるベストセラーとなった福井晴敏氏の「亡国のイージス」。... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 22:53

» 亡国のイージス [利用価値のない日々の雑学]
今年は本当に良く邦画を鑑賞していると思う。逆に言うと、洋画に期待外れが多くなって来ているのかもしれない。かといって、邦画が然程「期待通り」であったという訳ではないが。ただ、出来、不出来という範疇から考えると、洋画の場合は、「字幕スーパー」という余計な視覚を使っている分だけ、外れた作品を観た後の疲れは洋画の方が大きい。おっと、こんな書き出しだと、まるでこの作品が期待外れだった様ではないか??? というか、原作を未読のまま鑑賞に入った筆者は、鑑賞後映画館から隣接している書店に直行したくらいである。 ... [続きを読む]

受信: 2005/08/05 11:28

» 亡国のイージス [欧風]
今年は自衛隊全面協力の映画が2作。まず初めに公開した陸上自衛隊協力の「戦国自衛隊1549」は、迫力があって私はとっても好みだったのですが、結構賛否両論ありましたね~。そして海上・航空自衛隊協力の「亡国のイージス」は7月30日から公開で、私も前売り券を買ったりしてヒジョーに楽しみにしてました。この2作の原作は福井晴敏で、今年公開の映画としては3作目なのですが、まあ、この作品は無かった事にしましょう(^_^;)。 そうして待っていたのですが、全国のワーナーマイカルで大規模な試写会があるという情報を... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 00:36

» 観ろ。絶対に観ろ。「亡国のイージス」いよいよ本日公開! [欧風]
試写会で観てから、すごいいい映画だ、是非皆さんに観て頂きたいな~、公開が待ち遠しいな~、と思っていた「亡国のイージス」ですが、本日いよいよ全国公開ですっ! 私も試写会で観たにもかかわらず、前売りも持ってるんで、朝一で映画館に駆けつけたいところですが、今日は山梨・甲府でベガルタ仙台の試合があって、それを観に行くので、映画は明日にしようかなと(ついでだからイージス艦のオープンセットでも見に行こうかなと思ったけど、メチャメチャ遠回りになるのでやめとく(^_^;))。試写会の感想はこちらに書いてます。... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 00:37

» 隔離された空間での戦争映画◆亡国のイージス [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
7月18日(月・祝)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて こういう系統の映画は得意ではないので、自分でお金を払っては絶対に観に行かないだろうなと思いつつ、何気なく試写会に応募してみたら当選したので観に来た。 しかも、今日は勝地涼くんの舞台挨拶つきだ。 彼の演技... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 02:42

» 亡国のイージス [まつさんの映画伝道師]
第169回 ★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  専守防衛の論議。  異論はあると思うが、いくら「理想論」だといわれても防衛費の増大には意味を見出せない。  人間は過去から「学ぶ」ことが出来る反面、「歴史は繰り返す」と... [続きを読む]

受信: 2005/08/06 03:28

» 亡国のイージス [生log]
ようやく「亡国のイージス」を観に行きました。 芸達者な人が揃ってるだけあって、な [続きを読む]

受信: 2005/08/09 00:08

» 亡国のイージス [シネまだん]
監督:阪本順治  出演:真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 中井貴一  公式サイト   6.5点 とりあえずチェ・ミンソちゃんはベタぼめです(ファンだから)  超豪華キャスト、防衛庁・海上自衛隊・航空自衛隊の完全協力・・・、話題性は抜群の超大作だ。でも、主役級... [続きを読む]

受信: 2005/08/13 06:22

» 亡国のイージス(2005,日本) [The Final Frontier]
 迷いに迷って観てきました。  亡国のイージス  基本的にDeannaは邦画には興味ない人なんですよ。ちょっと思ったんだけどなんだか最近 自衛隊協力系の映画、多くない?何のためのイメージアップかしら?以前『戦国自衛隊1549』を観た時は「こりゃ〜ヤバかろう」と、あまり..... [続きを読む]

受信: 2005/08/14 18:16

» ★「亡国のイージス」 [ひらりん的映画ブログ]
久しぶりに仕事休みの火曜日に映画を観る事が出来ました。 お子様向けアニメが多いこの季節・・・ あまり、得意分野じゃない軍事モノに手を染めるしかなく・・・ 観てみる事に・・・ まっ、日本の豪華俳優陣が名を連ねてるので・・・ねっ。 2005年製作のアクション・サスペンス・ドラマ、127分もの。 あらすじ 自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦「いそかぜ」が乗っ取られた。 実行犯は副長の宮津(寺尾聡�... [続きを読む]

受信: 2005/08/19 00:23

» 亡国のイージス [シネクリシェ]
 ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ [続きを読む]

受信: 2005/08/29 05:35

» v.41 亡国のイージス [cinemacafe]
なかなか難しいこれが感想かな。。 すべてにおいて、難しい問題がありこれをクリアー 出来ているとは思えない。。 この映画のテーマそれ自体も縛りがたいが、 やはり、日本人とは?生きるとは?なんでしょうね。 それを二時間の映画の中で描くには、とても頑張ったけれど、 原作の長さを考えると、端折りすぎたし、 二時間枠に収める必要はあったのか??と、疑問に思う。。 あれだけ、巧く構成して�... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 22:44

» 映画「亡国のイージス」を観る [私でもいいですか?]
今日は話題作「亡国のイージス」を観てきました。レディースディなので。 原作は「ローレライ」でもお馴染の、福井晴敏の同名小説。 個人的に、「ローレライ」に満足出来なかった私はこの作品に期待。... [続きを読む]

受信: 2005/09/21 21:23

» 亡国のイージス [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
「ローレライ」「戦国自衛隊1549」と続く、 福井晴敏原作3部作の最終作。 「戦国自衛隊~」で若干、自分の中で盛り下がったんですが とりあえず話題作だし、出演者豪華だし観とかなきゃ!と 何かにつき動かされて(?)劇場へー! 「亡国のイージス」2005年公...... [続きを読む]

受信: 2005/09/24 16:13

» 亡国のイージスDVD情報 [さざんがQ]
12月22日発売の亡国のイージス DVD情報 いい作品です。 DVD3枚組+サウンド・トラックCD(特別編集版)+オリジナル・グッズをセットしたファン垂涎の初回限定コレクターズBOX!! 公式ページ 亡国のイージス コレクターズBOX (初回限定生産) ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 16:55

» 亡国のイージス [Rohi-ta_site.com]
DVDで、出演:真田広之/寺尾 聰/佐藤浩市/中井貴一/勝地 涼/岸部一徳/平泉 成/原田美枝子/原田芳雄/原作:福井晴敏/脚本:長谷川康夫/飯田健三郎/監督:阪本順治/作品『亡国のイージス』を観ました。 ●ストーリー イージス艦“いそかぜ”の先任伍長・仙石(真田広之)は、部下が非番の上陸中にケンカをしたとの知らせを受け、慌てて身柄を引き取りに現場に急行する。 現場に着くと5〜6人の男が倒れており、最近乗艦してきた1等海士・如月(勝地 涼)が一人でやったという事だった。 並外..... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 15:03

» 亡国のイージス 06年1本目 [猫姫じゃ]
亡国のイージス 本数リセット、06年1本目からいきます。 原作知らないし、コミック見たこと無いし、他の方のブログも読んでいません。でも、他の映画のコメントで、評価が低いんだなぁ、と思っていました。 もう、すごい引き込まれた。めちゃくちゃ緊迫感があって、見....... [続きを読む]

受信: 2006/01/13 17:45

» 自分達にしかできない事を……。 [ライドオン吉田の「荒波乗り越えて」]
沖縄ってなんなんでしょうね? なんか引き付ける何かがありますよね!! やっぱりソーキそばは、おいしいですね。 今日は、沖縄料理店よりお送りいたします! そうです!私が映画おじさんです! ソーキそばに、ゴーヤチャンプルー、パパイヤチャンプルーetc腹いっ...... [続きを読む]

受信: 2006/01/23 15:18

« あふれんばかりのIDとPW | トップページ | 劇場版「シティ・ハンター」 »