« 炎の狐・・・Firefox | トップページ | ガンダム種運命(37話)に今夜も、もの思い。 »

2005/07/01

速報 小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY② さまよう眸」 

『速報』 なんて仰々しいことではないのだけど、どうしても納得がいかない事があって、今日はもう終わりにしようと思っていたけど、やめるのやめたw
ネタバレになります。(読みたくない人はやめましょう)

昨日、小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ② さまよう眸」 を購入して、「PHASE-1」だけ読み今日残りを読破した。
TVで言えば、13話「よみがえる翼」から23話「戦火の陰」までとなる。

小説版は映像だけでは不可能な、詳細なキャラの内面部分がよく描かれているので好きだ。今回も良く描かれているし、嬉しくなったり吹き出したりw
その辺りは週明けにゆっくり語ろうかと思っている。

わざわざ今、というのは理解できなくはないが、納得のいかない変更があること。
多少の変更はSEEDのときもあった事だし多めに見るが、ちょっとまるきり違うじゃん!

それは「ハイネの死」に関するクダリ
23話「戦火の陰」でハイネは戦死することになるが、その原因はガイアにある。
もちろんそこに変更はない。

フリーダム”に戦闘不能状態にされた”グフ”。次に”セイバー”に目をつけている”フリーダム”、そこに”フリーダム”にコケにされてキレてしまったステラの”ガイア”が突っ込んでくる間に”グフ”がふらふらっと現れ、”ガイア”に邪魔呼ばわりされた挙句に真っ二つにされてしまう、悲惨な最期だった。
(ちゃんと今、再確認した。)

しかし、小説では
グフ”を戦闘不能にし、次に”セイバー”を標的にする”フリーダム”。そこに”セイバー”を狙った”カオス”が現れ、とっさに”カオス”に銃口を向けてしまう”セイバー”だが、”フリーダム”にビームライフルを落とされる。”セイバー”を戦闘不能にしたところで”カオス”に向かう”フリーダム”。しかし”フリーダム”気を取られている”セイバ”に”ガイア”が迫る。ハイネから警告を受けるアスランだが防御には間に合わないタイミング。”グフ”の”ガイア”への体当たりで危機は回避するが、邪魔をされた”ガイア”は矛先を”グフ”変えて機体を2つに切り裂く。

アスランハイネに救われたことになり、ハイネはそれが原因で戦死したことになってしまった。
さらに”
フリーダム”が”グフ”の戦闘能力を排除した部分が、「右腕だけ」だったものが、「右腕とメインカメラ」になっていて、メインカメラが破損していた為に、”ガイア”の接近に気が付かずやられてしまうというオマケ付き。

コレではアスランの苦悩が増えるだけだ・・・そうでなくてもあんなに悩んでいるのに・・・

24話「すれ違う視線」の冒頭で、ハイネの遺品を見送るアスランの回想に「ニコルの死」のシーンが挿入されている。それを生かすかたちに変えたということか?「すれ違う視線」をの意味を強調するものか?

確かにふらふらと間に入ってあっけなくやられてしまった、ハイネは少し間抜け感じはあった。多少の装飾は否定しない。でもアスランをあえて絡めなくても・・・・
とにかく
アスランがハイネの死に大きく関わってしまうこの変更はどうしても納得がいかない。

「死ぬのは自分のはずだった。戦いに徹することができなかった自分の甘さが、またもこの結果を招いたのだ」
というアスランの苦悩が書かれ、さらに
「戦場において武装を奪うという行為は、ときにその命をも奪うことを意味する。」
キラを否定することはないものの、不殺も同じことだ、と嘆くアスラン。


なんというか、本当にやりきれない結末になってしまったものだ。

追記:納得がいかないのはこの内容の変更箇所であって、小説版2巻はなかなかいいですよ。SEED全5巻もよかったですが、さらに磨きがかかっているような気がします。
文字に拒否反応を示さない方にはオススメします。
(個人的には挿絵がSEEDと同じ方ならもっと良かったのですが・・wコレはまた別のお話ですね)

|

« 炎の狐・・・Firefox | トップページ | ガンダム種運命(37話)に今夜も、もの思い。 »

コメント

(;´∀`)・・・うわぁ・・・何かかなりやり切れない感じで締めくくられてますね。
TV版の場合は、かなり製作する時点で端折られてる部分が多いから、その捕捉という位置づけで小説版があると思うんですが
この変更点はちょっと歯がゆいものを感じますよね(;´Д`)
多分、ハイネがフラフラと間に入った場面に関しての描写についてかなり話し合ったとは思うんですけど、
無理してアスランを絡ませなくても他に何かイイ表現は無かったものなんでしょうかね?
それじゃ、アスランの額はどんどん後退するばかりだよ…(違)

投稿: ハルマキ | 2005/07/02 10:01

アスラン…
なんか、制作者さんから意図的に苦しめられてるとしか思えませんね;;
でも、「おかしい」と感じることのできるキャラがいるってのも重要だと思うし…
そこに試練が重なって、ってのは避けられないことなんだろうな…。
私も、アスランの額が後退してくのだけゎ、なんとしてでも阻止したぃものですね笑 ぇ

投稿: きらら | 2005/07/02 10:13

■ハルマキさん♪
この辺りの話をするときは、アスランの保護者な私にはつらすぎる展開です(泣)
ハイネの死についてはお約束とはいえ、色々検討されたのでしょうが・・・

>無理してアスランを絡ませなくても
ですよねぇ。

>アスランの額が後退
(*≧m≦*)ププッ・・まあそうですねw
でも16才の頃のほうがデコ広かったような(^^;)


■きららさん♪
>制作者さんから意図的に苦しめられてるとしか思えませんね

いじめたいキャラなのでしょうか(汗)
重要な役どころはわかりますけどねぇ。
第3巻はたぶん3・4ヵ月後。今の放送の辺りまでしょうね。この巻のアスランがいまから切ない・・・いつもいつも背中に十字架をしょってるよ、きっと(泣)

投稿: たいむ | 2005/07/02 11:11

私も小説2巻、購入しました♪
けど、読み始めるのはもぅ少し後になりそうです(^_^;)
SEEDの方でも変更されてた所有りましたが、やはりDESTINYもなのですね。
アスランファンにとっても辛いですね…
所で所で、私も!挿絵の事は同感でして。
私も個人的にはSEEDと同じ方なら良かったなぁ〜なんて(^^ゞ
けど、DESTINYの挿絵も綺麗ですよね〜

投稿: 月城☆はのん | 2005/07/02 20:58

■月城☆はのんさん♪
ネタバレになってゴメンナサイね。
我慢できなかったからw

>DESTINYの挿絵も綺麗ですよね〜
あまりにも鮮明で、最初はアニメそのものかと思いました。
でも今回のP211のタリアの顔はちょっと・・・
SEEDのほんわかが好きですね、やっぱ。

投稿: たいむ | 2005/07/02 22:56

ネタバレ見て、小説買う気上昇してきた私がやってきましたよ|ー゚ノリ

TVでは余所見でどかーん。
小説ではアスランをかばって、アスランのせい(´ヘ`;)
漫画ではシンをかばって、シンのせい。

ハイネって一体…と思えるほど統一されていませんよね、演出が!
このままではステラの扱いがこれから出る小説や漫画でどうなるのやらと思ってしまいました…

投稿: ラクス | 2005/07/04 15:09

■ラクスさま♪
>ネタバレ見て、小説買う気上昇
なんか、嬉しいですねwww

>漫画ではシンをかばって、シンのせい。
えええ~~~っ、そうなんですか!?(シンは悩むのか?)
でもどれが本当なんだよっ!!!
ってDVDだよね、きっとw

「ジ・エッジ」だっけ?読んでません・・
アスランの視点なのに(^^;)
今、丁度ハイネのあたり・・とCMしてましたね。
気になってきちゃったな。
今は混乱しそうだから、全巻揃ったら・・・全巻同時購入がいいかな?(いつだ・・・)

保護者卒業して、なんだがかすっかりアスランスキーが板についてきたみたいだ(滝汗)
アスカガ、でないところかミソ。
カガリはアスランが自分で決めた人だから、応援。(やっぱ保護者か?)

投稿: たいむ | 2005/07/04 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/4791538

この記事へのトラックバック一覧です: 速報 小説版「機動戦士ガンダムSEED DESTINY② さまよう眸」 :

» 小説版 seed destiny 第2巻「さまよう眸」 [こよみ2文]
 シンがアニメとは随分と違った印象を受ける、小説版第2巻の感想です。(ちなみにクライストさんとたいむさんの方でも感想記事があります。というかそちらの方... [続きを読む]

受信: 2005/07/02 14:10

« 炎の狐・・・Firefox | トップページ | ガンダム種運命(37話)に今夜も、もの思い。 »