« ガンダム種運命(33話)にやっぱりもの思い。 | トップページ | 「ホステージ」みた。 »

2005/06/06

文庫本 ガンダムSEED DESTINY(2) さまよう眸

角川スニーカー文庫より 7月1日発売です。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY(2) さまよう眸」

作:矢立肇 /富野 由悠季
著:後藤 リウ 
イラスト:大貫 健一 /小笠原 智史 /As’MARIA

第1巻が発売されたのが3月だったので、本当は6月1日発売を期待していたのですが、5月1日ですでにその希望は打ち砕かれ、6月1日はある意味確信をもって7月発売を確認した次第。

第1巻は「怒れる瞳」ということで、DESTINYは『ひとみ』シリーズのようですw。
第2巻は小説なので流れ的に若干前後はありますが、TVシリーズで言えば《13話・よみがえる翼》からになります。多分《24話・すれ違う視線》までだと思います。

はっきり言って、ノベライズ本はまるっきり興味がありませんでした。

それがSEEDにハマり、ビデオを一気に見ていても【ご想像におまかせします】的展開が多く、更に<何と言っているのか聞き取れない><意味わかんない>と混乱をきたしてしまいまして、そんな時「本があるじゃない!」とやっと思いつき読み始めた次第。ほぼ一気読みでした。
表情とか、言葉とかでは表現しきれてない、心情などの内面的な部分が良く書かれいて、また会話の補足などもあり、溢れまくっていた疑問をかなり解消してくれました。
若干本編とは異なる部分も出てきちゃったり、矛盾を感じるような部分もあるようにも思いますがw

ということで、SEEDに引き続いてDESTINYも購入は初めから決めていました。
1巻部分と現状ですでにねじれ部分が発生してる感もありますが、2巻でもTVでは語られていなかった部分、内面的部分など楽しみにしています。

以外(?)に1巻が発売日直後に「手に入らない」と言う声を結構聞きました。
2巻は7月1日発売ですが、角川文庫の今までの傾向からみると、多分6月29日ころには店頭に並んでいるかもしれません。ちなみに1巻は2月26日に手に入れましたから。
確実に手に入れるなら、予約が一番ですね。

|

« ガンダム種運命(33話)にやっぱりもの思い。 | トップページ | 「ホステージ」みた。 »

コメント

SEEDにしかりSEED-Dにしかり、広げすぎ感がありますねぇ~
アストレイやらアストレイR、SEED-MSV、THE EDGE、SEED-Dアストレイ、それに加え小説ですかぁ~
色々ありすぎな気がしますよぉ~^^;
角川の陰謀だな!こりゃw

投稿: raira | 2005/06/08 00:48

■rairaさん♪
そそ、世界が大きすぎて・・・
でもTVだけじゃ理解不能ですから
角川文庫の陰謀でもハマった人間にゃ宝物w

投稿: たいむ | 2005/06/08 23:28

昔文庫本の「機動戦士ガンダム」を読んでました。
今はSEEDのが欲しくてポイント溜めていたのを図書券に変えてるところ。
7月はアニメックのガンダムフェアだから予約してまとめ買いをするかなー。

投稿: 千羽鶴 | 2005/06/10 14:14

■千鶴さん♪
ファーストは、アムロとセイラさんの濃厚な関係がねぇ・・・・受け付けませんでしたよ、当時(笑)

そういえば、「イデオン」持ってます。多分今もあるはず。発動編がどうしても理解できなくって小学生で買ったんだよね、難しかった・・てかわからなかった。今読めばわかるかなぁw

投稿: たいむ | 2005/06/10 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/4440915

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫本 ガンダムSEED DESTINY(2) さまよう眸:

« ガンダム種運命(33話)にやっぱりもの思い。 | トップページ | 「ホステージ」みた。 »