« ガンダム種運命にもの思い・・ | トップページ | ガンダム?「LAND WALKER」 »

2005/05/18

「交渉人 真下正義」やっとみた。

公開2週間目にしてやっと見る事が出来ました。(すでに12日も経過しているので多少のネタバレあり。これからの方はご注意ください)

「踊るシリーズ」はTVシリーズはもとより、スペシャル版、映画、すべてにおいて何度となく繰り返し見ている作品です。TVシリーズではオープニングに名前すら紹介されていなかった端役の「真下正義」がまさかまさかスピンオフという形で主役をはることになろうとは数年前では考えられなかったとこです。織田裕二の「踊る大捜査線」本編は『いかりや・和久さん』亡き今、すぐにはありえないかとは思っていますが、かつての型破りデカ「タカとユージ」の物語も『中条・課長』亡きにのちに復活しているし、再々復活も決定(良し悪しは微妙)。「踊る」も永遠あれ!の可能性は捨てきれない。

「交渉人 真下正義」 さすがに「踊る」のスピンオフ。全体的に楽しく見れました。前半初めの地下鉄パニックのあたりは、さすがにあちらこちらで言われているように尼崎の事故が想像され、目を伏せたくなるような感覚に襲われるけれど、さほど長いシーンではないし最悪の事態は免れているので映画としてはカットできない部分として受け止めたいと思います。

今回『地下鉄ジャック犯の真下への挑戦』というような触れ込みで散々宣伝されていたように思う。まぁ、そのとおりなのだけど最終的に狙いは真下警視だったわけで、犯人は結局不明のまま大団円。あれはあの結末しかないだろうなぁと思う。含みを残して終わるって言うのもひとつの手段ではあるけれど、「踊る」シリーズだし、明るく終わらせるにはベストの選択だろう。そんな中でも妙にココロに残っているのが、最後の犯人の車と真下とのやり取り。あれは犯人の真下警視に対する敗北の念を表現しているのかなぁって。でも、もしかしたら信認の念でもあるのかなぁって。それからそのあとの真下の表情。これは人によって様々な捉え方ができると思うけれど、それこそがこの映画の後味のような気がしています。

「真下正義」というキャラは「踊る」ではそれなりにポイント的役割を担っていたけれど、やはり主役にするにはキャラ的に華がたりない(ユースケ・サンタマリアのことではなく、あくまでもキャラとして)それを個性的なキャラの名脇役ぞろいによる連帯責任的成功だと思います。準主役の寺島進、國村隼、石井正則もさることながら、金田龍之介の存在感が一番ではないでしょうか。地下鉄ジャックという事態の深刻さをキャラのトークやアナログな備品で軽くし、それでいながら重量感のある存在で引き戻す。とてもいい感じです。相変わらず遊び心満載のつくりもいいですね。TTR司令室までの移動の様子をまず真下が、そしておなじみカエル急便、初登場(?)スネークQ便にタートル便、止めにケーキ屋、と同じことの繰り返しで楽しませるのも「踊る」の醍醐味ですねよね。

とにかく、最後までとっても楽しかったです。エンドロールも見逃せませんし、その後もね。

次回作「容疑者 室井慎次」は今回よりちょっと重いテーマで、いつも悩ましい室井さんがさらに窮地に追い込まれる設定は本当はイヤなのだけど、最後の最後はちゃんと切り抜けると信じて楽しみに公開を待ちたいと思います。

flyer01_a 

「青島よ、約束を果たせそうにない・・・・」

ううう~~~

|

« ガンダム種運命にもの思い・・ | トップページ | ガンダム?「LAND WALKER」 »

コメント

たいむさん、はじめまして、こんにちは!
こちらこそ、コメント、ありがとうございました。

気の利いたことを書いてましたが、映画好きな僕ですんで、ホントにとってもたのしい時間を過ごせました。
続編は、僕的には『容疑者 木島丈一郎』を観たいですけどね。

では、また遊びにきますね。

投稿: M's Factory | 2005/05/20 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/4186783

この記事へのトラックバック一覧です: 「交渉人 真下正義」やっとみた。:

» 『交渉人 真下正義』 [京の昼寝〜♪]
 事件は、「台場連続殺人事件」の1時間後から始まった!? ■監督 本広克行 ■原案 君塚良一 ■脚本 十川誠志 ■キャスト ユースケ・サンタマリア、寺島進、小泉孝太郎、高杉亘、松重豊、甲本雅裕、遠山俊也、柳葉敏郎、水野美紀、國村隼、石井正則、西村雅彦、金田龍之介  2003年11月24日、レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。 その事件直後、真下正義警視は、湾岸署の前で、報道陣�... [続きを読む]

受信: 2005/05/19 00:02

» 『コンスタンティン』が『交渉人 真下正義』に… [SIDEWALK TALK]
GWに『コンスタンティン』を観にいったところ、血迷って『レモニー・スニケットの世 [続きを読む]

受信: 2005/05/19 08:33

» ■交渉人 真下正義 [ルーピーQの活動日記]
   レインボーブリッジを封鎖して解決した「台場連続殺人事件」。その事件直後、真下正義警視(ユースケ・サンタマリア)は湾岸署の前で報道陣に取り囲まれ、警視庁初の交渉人として、事件解決の経過を説明していた。1年後、2004年12月24日。警視庁交渉課準備室..... [続きを読む]

受信: 2005/05/19 09:34

» 交渉人 [sun shine BLOG]
今日も振休で休みを取っていたので、ダラダラ過ごしてましたw E3のネタ調べもそこそこ落ち着いてきたので、映画に行って来ることに! 考えてみたら、今日は平日なんですよね。普段見慣れないスーツ姿の男性客が多く見受けられました。「仕事帰りに映画でも」ってノリなんですかね。うらやましぃ〜! 僕には絶対成せない業だw 交渉人 真下正義 (C)2005 フジテレビジョン / ROBOT / 東宝 / スカパー!WT 交渉�... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 02:45

» 踊る大捜査線 [「踊る大捜査線」]
踊る大捜査線踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)はフジテレビ系列のテレビドラマ、映画。情報元:Wikipedia... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 02:46

» 交渉人 真下正義 [欧風]
最近映画は試写会で観る事が多かったんですが、2月の「銀のエンゼル」以来、久々に金払って映画を観ました。 今回万博を観に行くにあたって、岐阜の友人の家に泊めて貰う事になり、21~23まで中部地方にいました。土日引きこもっているのもなんなんで、映画でも観に行こうって事になって、岐阜の「シネックスマーゴ」に行きました。 で、観たのが「交渉人 真下正義」。この作品、皆さん知ってるでしょうか?「踊る大捜査線」は結構有名だと思うんで知ってる方も多いと思うんですけど、これはそのスピンオフ映画だそうです... [続きを読む]

受信: 2005/05/29 17:54

» また見てき真下 [§相棒馬鹿]
っつーわけで、どこにでも使われているのであろう表記をしつつ・・・2度目、交渉人真下正義を見てきました。===以下ネタバレ含みます===前回と違って今回は声を出して笑う人が多かったかなぁ。なかなかウケてたように思います。西村さんが出てきただけで、会場に笑いが・・・パンチ... [続きを読む]

受信: 2005/06/03 19:59

» 交渉人真下正義が挑んだ事件は迷宮入りも再び表舞台に出るだろう [オールマイティにコメンテート]
「交渉人真下正義」は「踊る大捜査線2」のキャスト真下正義をメインとしてネコシエーター(交渉人)対ハイテクハッカーとの対決を描かれている。 [続きを読む]

受信: 2005/12/25 16:28

» 交渉人 真下正義 [Rohi-ta_site.com]
DVDで、出演:ユースケ・サンタマリア/寺島 進/小泉孝太郎/柳葉敏郎/水野美紀/西村雅彦/石井正則/國村 隼/八千草 薫/原案:君塚良一/脚本:十川誠志/監督:本広克行/作品『交渉人 真下正義』を観ました。 ●ストーリー “台場連続殺人事件”から1年後の2004年12月24日クリスマス・イヴ。 警視庁交渉課準備室課長の真下正義(ユースケ・サンタマリア)は恋人の雪乃(水野美紀)とデートの約束をしていた。 その日の午後、東京地下鉄の最新鋭車両(通称:クモ)が何者かに乗っ取られ、クリ..... [続きを読む]

受信: 2006/01/07 18:51

« ガンダム種運命にもの思い・・ | トップページ | ガンダム?「LAND WALKER」 »